年齢とともに起こる女性の変化

 

最近、こんなお悩み抱えていませんか?

◇髪がまとまりにくくなってきた

◇ボリュームがなくなってきた

◇地肌が硬くなった

◇地肌がカサカサしてかゆい

◇髪が細くなってきた

F66B55BE-031F-4C60-89A4-B96D532994AA

そのお悩み、年齢による変化

”エイジング”

が原因です!!

女性は40代以降、体内で急激な変化が起こります。

『女性ホルモン』『抗酸化力』の低下です!!

女性ホルモンは女性らしい美しさを保つ必須成分。

肌や頭皮の弾力を保つコラーゲンを増やし水分を保持するほか、髪にハリを与え、しっかりと支える働きも持ち合わせています。

女性ホルモン量の推移

F32596BD-8D21-441B-8E73-B080AC253E68

抗酸化力とは身体の細胞を傷つける活性酸素を除去し、

生活習慣病の予防や老化を抑える働きで人体に本来

備わっている力です。

抗酸化力の推移

A7263716-6474-482F-9AC9-5FB7C2E9F18A

女性ホルモンと抗酸化力の低下により、

髪と頭皮に変化が現れてきます。

 


毛髪

髪がまとまりにくくなってくる

(毛髪内部の乾燥)

頭皮表面

ベタつき、においが気になってきた

(特有脂質の分泌、酸化)

頭皮のかゆみやフケが気になってきた

(天然保湿因子の減少)

毛包

髪が細く短くなってきた

(毛包周囲の血行不良)

頭皮内部

髪のボリュームがなくなってきた

(頭皮のハリ低下)

 


 

特に抗酸化力が低下することで

毛髪と地肌にある現象が起こってしまいます!!

それは. . . . .

” カルボニル化 “

 

〈 カルボニル化とは. . .!? 〉

カルボニル化とは、活性酸素によって引き起こされるタンパク質の構造変化です。

カルボニル化が起きると本来の正常な機能が低下してしまいます。

活性酸素の防御機能である抗酸化力。

しかし、40代から急激に低下してしまいます。

そして、抗酸化力が低下することにより活性酸素が地肌に溜まってしまいます。

地肌に溜まった活性酸素により、酸化の一種である「カルボニル化」が起こり地肌は黄色くくすみ、そこから生み出される毛髪もツヤのないパサついたエイジング毛が生えてきます。

年齢とともに減少してしまう抗酸化力。

でも、抗酸化力は食べ物で補うことができるんです!!

一番のオススメなのが、アーモンドミルク!!!
アメリカやヨーロッパで人気の美容効果満点ドリンク!!

若返りのビタミンと言われるほど、アンチエイジング効果が高いビタミンEが豊富です。

82B366C8-B200-476F-8595-222788F45DDE.jpeg

飲み物だとほかには

活性酸素を除去する

「SOD様酵素」を多く含んでいる

ルイボスティー
ノンカフェインで身体に優しく

腸内環境を整えるデトックス効果も

あります。

ココア
も抗酸化作用抜群です!

免疫力を上げる抗菌作用や血管を拡張させる成分が入っているので実は隠れた美容ドリンクです♫

 

食べ物だと

牡蠣、玉ねぎ、ゴマ、イワシ、大豆、

かぼちゃ、イチゴ、ピーマン、ブロッコリー

 

 

抗酸化フード&ドリンクでカルボニル化対策をしてキレイな地肌と髪をいつまでもキープしましょう★

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中