髪のダメージの原因は、、、

髪が長い方が特に気になるのは何と言っても髪のダメージですよね!!

髪を伸ばし中の方も長くなってくると段々と毛先のダメージが気になってくるのではないでしょうか?

そこで髪を伸ばしている方に髪のダメージ原因についてお話ししたいと思います。

綺麗に伸ばすためにまずはどうして髪がダメージするのか、原因を知ることから始めましょう!!

髪がダメージしないように気をつけるポイントも一緒にご説明していきます☆

CD26934F-E182-4BF9-87B2-A2E30DDAC7B3

* * *無理なブラッシング* * *


強いブラッシングはキューティクルをはがしたり、静電気を起こしてしまいます。

<POINT>

頭頂部からいきなりとかすのではなく、毛先から少しずつ絡まりをほぐしながら優しくブラッシングしましょう。
* * *濡れている時の摩擦* * *


髪は濡れていると膨らみ、キューティクルが開いた状態になり内部物質が流れやすい状態になります。

<POINT>

シャンプーもタオルドライも優しく行うようにしましょう。

また、シャンプー後は濡れたままにせず、早めに乾かしましょう。
* * *ドライヤーやヘアアイロンの過度な熱* * *


高温の熱を長時間当ててしまうと、たんぱく質が変性し髪が硬くなってしまいます。

<POINT>

ドライヤーやヘアアイロンを使う前に洗い流さないトリートメントをつけて髪を熱から守りましょう。
* * *紫外線* * *


肌と同様に髪にも悪影響を及ぼします。

キューティクルが剥がれやすくなり、パサつき、ツヤがなくなります。

<POINT>

日傘や帽子、UV対策のヘアケア剤で紫外線から守りましょう。
* * *乾燥* * *


髪が乾燥するとキューティクルが浮き上がり、剥がれやすくなってしまいます。

<POINT>

洗い流さないトリートメントで水分の蒸発を防ぎましょう。

 

 

 

ちょっとしたことから気をつけるだけで美髪をキープできます!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中