紫外線から髪を守る*2*

前回、髪の毛が紫外線をうけるとどうなるかをお話ししました。

今回は紫外線から髪の毛を守るコツとケアの仕方をご紹介します。

045D1C63-875E-4823-9972-9E7ABA012BB1

<紫外線から髪の毛を守るコツとケアの仕方>

 

 

☆洗い流さないトリートメントでUVケア

 
UVカット機能が含まれている洗い流さないトリートメントをつけましょう。髪に栄養を入れながらUVケアもできます。

 
☆スプレータイプの日焼け止めで頭皮もUVケア

 
紫外線のダメージにより、頭皮そのものを気にする人が増えています。スプレータイプの日焼け止めで肌や髪だけでなく、頭皮も紫外線から守りましょう。

 
☆帽子をかぶる

 
紫外線のダメージを減らしたいなら、紫外線を浴びないことが一番です。外出をしないというのは無理な話なので、帽子をかぶって紫外線に当たらないようにするのがベストでしょう。日射病の予防にもなるので、夏には帽子が必需品です。

 
☆日傘をさす

 
帽子をかぶりたくない人は、日傘もとても有効です。遮光100%なら紫外線の心配は軽減されます。

 
☆紫外線を受けた後はトリートメントケア

 
紫外線を受けた髪はキューティクルがはがれ、水分がなくなっています。なので、疑似キューティクルを作れるトリートメントや保湿力の高いトリートメントでケアをしましょう。より紫外線ケアをしたいなら、UV対策用のトリートメントがオススメです。

 

 

 

MarVeLousでもこの時期必要な紫外線ケアアイテムが色々あります。

 

次回はそちらをご紹介致します!

 

 

 

 

to be continued…..

 

広告

紫外線から髪を守る*1*

 

77D932DB-20D0-4DA6-8B85-BC4133A6E140

 

 

みなさん、突然ですが『紫外線対策』行っていますか?

まだ早いと思われてる方、、、

実は今が紫外線絶頂期なんです!!

 

8F40C759-BD35-4393-BB10-F7864A41E54E

 

髪の毛は顔の5倍もの紫外線を浴びています。

ということは、髪の毛は顔の5倍も紫外線のダメージを受けているということです!

 

< 髪の毛が受ける紫外線のダメージ >

 

 

☆キューティクルがはがれやすくなる

 
キューティクルが紫外線の影響でめくれたり、はがれてしまいまうと、髪の中のタンパク質や保湿する成分が流れ出て、髪の水分や栄養がなくなってしまいます。

 
☆髪のツヤがなくなり、パサつく

 
紫外線でキューティクルがはがれると、髪の中の水分や栄養が流れ出てしまい、それが原因で髪が乾燥し、パサつきの原因になります。

 
☆髪の柔軟性がなくなり、切れ毛や枝毛ができる

 
髪の毛の柔軟性がなくなり、引っ張っただけで髪の毛が切れたり、毛先に枝毛ができやすくなります。

 
☆髪の変色やカラーの色持ちを悪くする

 
紫外線は、髪内部のメラニンを分解する力があります。紫外線によって髪内部のメラニンが分解されてしまうと、髪の色が徐々に抜けて、赤みを帯びた色に変色します。カラーリングをしている髪はカラーリングをしていない髪に比べて紫外線の影響を受けやすいので注意して下さい。

 
☆髪や頭皮の老化現象が進む

 
肌が紫外線を受けると、シワやたるみの原因になるように、髪や頭皮も同じように老化現象が起こります。紫外線により髪の毛の根元にある毛母細胞がダメージを受けると抜け毛や薄毛、白髪の原因になります。

 

 

どうですか?

顔だけでなく、髪の毛も『紫外線対策』が必要なんです。

 

では、実際髪の毛はどういったケアをすればいいのでしょうか?

 

 

to be continued…..

 

花粉症緩和アドバイス

春が近づいてきた今日この頃ですが、

花粉症の方にとっては辛い時期ですね。

6504846F-588A-4A80-95BB-AFBA12C68C7F

多くの人を悩ませる花粉症ですが

実は花粉が一番つきやすいのは髪の毛なんです。

髪の毛についた花粉は目、鼻、喉を通して

吸い込んでしまいます。

特にダメージなどで髪の表面のキューティクルが

開いているとそこに花粉がつきやすくなります。

<花粉対策方法>


・家の中に入る前にブラッシングで

髪に付着した花粉を落としましょう!


・シャンプーで汚れを落としたら、

静電気防止のためにトリートメントをしっかり!


・外出する時は帽子をかぶるのがオススメ!


・油分の多いワックスやヘアスプレーは

花粉が付着しやすいので注意!


 

 

花粉でムズムズした体をスッキリさせたいなら

髪や頭皮に付着した花粉をしっかり

落としてくれるヘッドスパがオススメです!!

ヘッドスパをすると血流が良くなるので

体内の不要なものがデトックスされ、

自然治癒力が高まります。

また、免疫力も調整され

花粉症の辛い症状の緩和につながります。

くせ毛の上手な乾かし方

うねったりはねたりしてうまくまとまってくれないくせ毛。

くせ毛ってなかなか大変ですよね!

実は日本人の70%はくせ毛なんです!!

そんなたくさんのくせ毛にお悩みの方にくせ毛とうまく付き合っていくためのポイントをご紹介します♪

75749B4D-4E00-42A5-B669-C93AFB0684F5

[くせ毛は水分量がポイント]

健康な直毛の人の髪は根元から毛先までの水分量が一定で十分潤っています。

しかし、ダメージやケア不足などによって水分量に偏りが起こり、うねりが出てしまいます。

くせ毛を落ち着かせるにはシャンプー後のケアがポイントです!

☆正しいタオルドライ☆

1. 髪全体を優しく包み込むように水分を取ります。

2. 髪の毛をこすらず、ポンポンと叩く程度に

3. 根元から毛先に向かって包み込むように水気を取っていきます。

 

◎タオルドライのポイント

半乾きになるくらい水気を取る!!

☆くせ毛を落ち着かせるドライヤーの使い方☆

1. 保湿剤を髪になじませる

2. ドライヤーを振りながら熱を逃がすイメージで広い範囲に当てる

3. 風を当てる角度は上から下

4. 必要以上にブラシを入れず、手櫛を最大限に利用する

5. 最後は冷風を当てる

 

広がってボサボサに見えていたスタイルもまとまりとツヤが出てくれれば、パーマをかけたような質感と仕上がりに見せることもできます。

くせ毛とうまくつき合っていければ今までイライラさせられていた自分のくせも少しは好きになれるかもしれませんね♪

間違った洗い方していませんか?

「毎日きちんとゴシゴシ洗っているのに

なんかスッキリしないし綺麗になった気がしない」

こんな方は普段のシャンプーの仕方を見直しましょう!!

以外と間違ったシャンプーをしているかもしれません。

 

” とかす “

お風呂に入る前には髪をきちんととかしましょう。

これで余分な汚れやほこりなどが落ちてシャンプーの泡立ちも良くなります。

 

” ぬるま湯 “

38℃くらいのぬるいなーと感じるくらいがGOOD!!

熱いお湯は頭皮の乾燥や逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまうので注意です。

 

” 頭皮を洗う “

もっとも大切なのは「頭皮を洗うこと」!!

髪の毛を洗うと髪の毛が絡まってしまい髪の毛の痛みの原因にもなります。

頭皮の皮脂汚れは毛穴を塞いでしまい酸欠状態を引き起こすだけでなく嫌な頭皮の臭いの原因にもなってしまいます。

 

” しっかり洗い流す “

シャンプーの成分が地肌に残るとかぶれや毛穴のつまりを招いてしまいます。

すすぎはしっかり丁寧に洗い流しましょう。

 

5B55AFF8-8A4D-4A98-94FC-1064209F051C

 

正しいシャンプーでスッキリ解決★

抜け毛のお話

抜け毛という言葉は皆さんもよく耳にしますよね?

今回は、抜け毛の原因、対処方法などを、ご紹介していきます!

抜け毛とされる状態とは?

毎日50~100本程度の抜け毛はいたって正常です。

この数字は季節などにより短期間で大幅に増減する事もありますが、

毎日の抜け毛本数が長期間にわたり正常レベルを大きく超える場合は抜け毛(脱毛症)とみなされます。

考えられる原因は?

長期的なストレス
妊娠
薬物治療
感染症
物理的な外的要因

9A8F60F9-2E29-482C-A58E-24D64535301D

 

抜け毛を可能な限り防ぐには?

健やかな髪は、血管がきちんと働き

栄養を髪の根元に補給できる健やかな頭皮から育ちます。

さらに活性物質を、頭皮の外側から届けることにより健康的な髪とその成長を保つ手助けとなり

抜け毛や毛髪の変化を防ぐことができます!

スタッフも愛用中のおすすめケアシリーズ

⬇︎⬇︎⬇︎

敏感な頭皮とは?

必要以上の抜け毛を防ぎ、頭皮の血行を促進してくれます!

特にバランスエナジーセラム¥3600

は頭皮のスペシャルケアとして1日置きに使用するのがおすすめです!!

詳しくはスタッフまでお気軽にどうぞ!

年齢とともに起こる女性の変化

 

最近、こんなお悩み抱えていませんか?

◇髪がまとまりにくくなってきた

◇ボリュームがなくなってきた

◇地肌が硬くなった

◇地肌がカサカサしてかゆい

◇髪が細くなってきた

F66B55BE-031F-4C60-89A4-B96D532994AA

そのお悩み、年齢による変化

”エイジング”

が原因です!!

女性は40代以降、体内で急激な変化が起こります。

『女性ホルモン』『抗酸化力』の低下です!!

女性ホルモンは女性らしい美しさを保つ必須成分。

肌や頭皮の弾力を保つコラーゲンを増やし水分を保持するほか、髪にハリを与え、しっかりと支える働きも持ち合わせています。

女性ホルモン量の推移

F32596BD-8D21-441B-8E73-B080AC253E68

抗酸化力とは身体の細胞を傷つける活性酸素を除去し、

生活習慣病の予防や老化を抑える働きで人体に本来

備わっている力です。

抗酸化力の推移

A7263716-6474-482F-9AC9-5FB7C2E9F18A

女性ホルモンと抗酸化力の低下により、

髪と頭皮に変化が現れてきます。

 


毛髪

髪がまとまりにくくなってくる

(毛髪内部の乾燥)

頭皮表面

ベタつき、においが気になってきた

(特有脂質の分泌、酸化)

頭皮のかゆみやフケが気になってきた

(天然保湿因子の減少)

毛包

髪が細く短くなってきた

(毛包周囲の血行不良)

頭皮内部

髪のボリュームがなくなってきた

(頭皮のハリ低下)

 


 

特に抗酸化力が低下することで

毛髪と地肌にある現象が起こってしまいます!!

それは. . . . .

” カルボニル化 “

 

〈 カルボニル化とは. . .!? 〉

カルボニル化とは、活性酸素によって引き起こされるタンパク質の構造変化です。

カルボニル化が起きると本来の正常な機能が低下してしまいます。

活性酸素の防御機能である抗酸化力。

しかし、40代から急激に低下してしまいます。

そして、抗酸化力が低下することにより活性酸素が地肌に溜まってしまいます。

地肌に溜まった活性酸素により、酸化の一種である「カルボニル化」が起こり地肌は黄色くくすみ、そこから生み出される毛髪もツヤのないパサついたエイジング毛が生えてきます。

年齢とともに減少してしまう抗酸化力。

でも、抗酸化力は食べ物で補うことができるんです!!

一番のオススメなのが、アーモンドミルク!!!
アメリカやヨーロッパで人気の美容効果満点ドリンク!!

若返りのビタミンと言われるほど、アンチエイジング効果が高いビタミンEが豊富です。

82B366C8-B200-476F-8595-222788F45DDE.jpeg

飲み物だとほかには

活性酸素を除去する

「SOD様酵素」を多く含んでいる

ルイボスティー
ノンカフェインで身体に優しく

腸内環境を整えるデトックス効果も

あります。

ココア
も抗酸化作用抜群です!

免疫力を上げる抗菌作用や血管を拡張させる成分が入っているので実は隠れた美容ドリンクです♫

 

食べ物だと

牡蠣、玉ねぎ、ゴマ、イワシ、大豆、

かぼちゃ、イチゴ、ピーマン、ブロッコリー

 

 

抗酸化フード&ドリンクでカルボニル化対策をしてキレイな地肌と髪をいつまでもキープしましょう★

 

Beauty / Hair / Makeup / hair coloring / Highlights / Photo session / Shooting